本文へスキップ

モリンダって?What is morinda?

モリンダ社とは?

1996年モリンダ社の前身タヒチアンノニインクは、「タヒチアンノニジュース」を市場に送り出し、ノニを飲料として世界展開したパイオニア企業です。
ノニ産業を興し、その後のスーパーフルーツ産業も牽引してきました。
ノニは奇跡のフルーツと呼ばれ数千年の歴史を持ち、豊富な植物栄養素をバランスよく含むホールフードとして知られ、中でも『
イリドイド』は一般的な野菜や果物には殆ど含まれていないユニークな栄養素です。
そして、多くの科学者による研究結果はアメリカ、ヨーロッパをはじめ世界中で高い評価を得ています。
また、タヒチ政府との深い友好関係も築いており、様々なレベルで相互支援が行われています(フェアトレードを採用)。
2012年5月、イリドイドを豊富に含む「マキシドイド」を新たな旗艦製品として世界45カ国に同時リリースし、「安全・安定・自然由来・科学的根拠・標準化」と言う5つの柱からなる次のステップである『バイオアクティブ産業』の創造を目指しています。
モリンダ社は、ノニの収穫からボトリングまでの全工程を管理する原材料メーカーであるため、一般有名メーカーにも原料を供給しており、さらに現在様々な分野からイリドイドへの注目が集まる中、新たなグローバル展開とビジネスチャンスが期待されています。


ノニとイリドイド

ノニ(NONI)とは学術名:モリンダシトリフォリア(Morinda citrifolia)といいます。
原産は東南アジア〜オセアニア地方といわれる熱帯低灌木で、主に赤道付近の環太平洋の島々に多く自生しています。特にタヒチのノニが栄養価が高いと言われています。
その実は基本的にフルーツですが各種ビタミンやミネラルなど非常に多くの栄養成分を含むことが特徴であり、「ハーブの女王」と呼ばれるほど強力なハーブフルーツとして知られます。
ノニの果実は実をつけてから数週間で醗酵を始め、その醗酵果汁には各種酵母や酵素、アミノ酸、中鎖脂肪酸、ポリフェノール類など現代人に有用とされる様々な成分が含まれます。
そして、近年注目されてきた成分「イリドイド」を非常に多く含んでいることがわかってきました。

イリドイドとは簡単に説明すると、身体の機能を全体的に正常化する成分です。
これまでイリドイドは自然界に極々少量しか存在していないとされ、効果は確認されてもその研究や商品化がままならない状態でした。
しかしタヒチ産の天然のノニに考えられないほどのイリドイドが含まれていることが確認され、これによりノニのイリドイドは今世界中が注目している健康業界の目玉となっています。


どんなフルーツにも野菜にも入っているポリフェノールとか フラボノイドとか ビタミンと違って、イリドイドという植物栄養素は、通常手に入る食材には、ほとんど含まれていないので、通常の食生活から摂取できないのです。
また、イリドイドは糖化(AGE)を防ぐ働きがあることが検証されています。

2012年8月21日、第3回国際イリドイドシンポジウムがユタ州プロボのモリンダ本社において開催されました。
6ヵ国から集まった十数名の化学者、毒物学者、微生物学者、食品科学者らが登壇、最近の様々なイリドイド研究の成果を披露しました。


プロダクトコンサルタント神代からの挨拶

  • 「ノニジュース」と言う名前を耳にされた事はありますか?
    モリンダ・ジャパンが日本に上陸したのが1999年2月です。
    早いものでもう10年以上も前になります。
    おかげさまで、10年前に日本に入って来た当初に比べ「ノニ」の事を知っていただいておられる方は増えましたが、
    その一方でテレビの影響か「まずいジュースでしょう?」と聞かれる事も少なくありません。
    私達はノニジュースに関わって10年以上の時間が過ぎていく中で沢山の事を経験体験してきました。

    今の世の中の厳しい状況を考え、
    1人でも多くの方々に私達が見てきた「ノニ」についての情報を
    1人でも多くの方に正しくお伝えできればと思いこのサイトを立ち上げました。

    モリンダの企業理念である
    「Everyone Everywhere Everyday」「世界中全ての人にノニの恵みを届けたい」の実践です。
    「ノニ」にご興味をお持ちの方に1人でも多くの方にご利用頂ければと思います。


inserted by FC2 system